HOME>トピックス>キャットフードの選び方で大切な家族の安全が守れる

キャットフードの選び方で大切な家族の安全が守れる

飼い主と猫

キャットフードの中に含まれるとされる4Dミード

キャットフードは栄養のバランスも良く、猫の食事を手軽に用意できるのがメリットです。とはいえ、すでに加工されているということもあり、どんな材料が使われているのか安全性に不安に感じる飼い主さんもあるのではないでしょうか。一般的なキャットフードには4Dミード が含まれているとも言われています。まず4DのDは、まずDeadがあげられ、これは死んでしまったを指します。さらにDiseasedは病気だった、Dyingは死にかけていた、そしてDisabledは障害のあったを意味しており、食品としてはふさわしくない肉のことを表しています。ミールやミートなどと表示され、何の肉が使われているのかがわからないというフードでは4Dミード の可能性がありますので、注意して選びましょう。

猫

4Dミードが含まれる理由を知っておこう

キャットフードになぜ安全性に問題がある4Dミード が含まれているのかも知っておきたいですが、まず最低ランクの肉の処分のためにキャットフードに使われることになったということが考えられますし、低価格で販売されているフードは利益を出すために安く購入できる粗悪な肉を選んでいる可能性もあります。国産のキャットフードは安全性が高いイメージもありますが、安全性の基準は外国よりもゆるく、それゆえに安全性の高いフードを選ぶのは難しいと言えます。粗悪なフードを与え続けると毛並みが悪くなる、肥満しやすくなる、健康に悪い影響が出るなどの可能性もありますので、あいまいな表現が行われていて原材料を明確にしていないキャットフードには注意しましょう。

カテゴリ一覧